Story

 

撮りたいと思ったこの瞬間は、もう二度と訪れることのない「一生に一度の瞬間」。
そんな時、バッグからカメラをさっと取り出して、写真にすることができたら。
きっと毎日がもっともっと、作品で溢れていくんじゃないかと思います。
そんな体験がしてほしくて、日常的にカメラを楽しんでほしくて、「LIF」は生まれました。

For example, the morning light is a dazzling station home. Cherry blossoms seen from the train window. A small wild flower I found in the crowd. The wonderful landscape I want to take is full of every day.

 

 

 

Lifを生み出したのは、一人のカメラが好きな女性でした。

Profile
田中海月  Mizuki Tanaka
1989年3月6日生まれ。社会人になり、とある女性のブログをきっかけに一眼レフと出会いのめり込む。カメラの魅力に惹かれ日々撮影するうちに、いつしか同じような仲間が集まり、カメラが好きな女性のコミュニティ「カメラガールズ」を立ち上げる。

It was a woman who liked a single camera that produced Lif.
Profile
Mizuki Tanaka Tanaka Born on March 6, 1989. Become a member of society, to encounter a single-lens reflex with a woman’s blog as a trigger. While attracted by the charm of the camera and photographing every day, one and the same group gathers one by one, and launches the “Camera Girls” community of women who likes cameras.

 

 

 

カメラを楽しむ日々で、1つだけ困っていたことがありました。それは、カメラを持ち歩くカバンがおしゃれではないこと。市場に出回っているカメラバッグは黒のナイロンバッグやカラフルで目立つデザインのバッグなど、仕事やデートなど日常的に使えるバッグがなかなかありませんでした。

「毎日カメラを持ち歩きたくなるような、素敵なカメラバッグが欲しい。」
そう思ったことがきっかけとなり、カメラバッグを自ら作る決心をしました。

Every day I enjoy the camera, there was one thing I was in trouble. That the bag carrying the camera is not stylish. Camera bags on the market have not had bags that can be used on a daily basis such as work and date, such as black nylon bags and colorful and conspicuous design bags. “I want a nice camera bag that makes me want to carry a camera every day.” So I decided to make a camera bag by myself as a trigger.

 

 


それからすぐに、同じ思いを持った10名の女性を集め、どんなバッグを作るか企画開発を行うことになりました。肩に負担がない形状、高級感ある素材、バッグとしての丈夫さ、豊富な収納、カメラを入れるインナーケースへのこだわりなど何度も意見を出し合い試行錯誤を重ねました。しかし、本当に欲しいものを0から作るということは、とても大変です。出し合った多くの意見を形にするためには、いくつもの壁を乗り越える必要がありました。幾度となく会議と施策を重ね、ようやく満足のいくカメラバッグが完成しました。初めての会議から、すでに2年の月日が経っていました。

Soon afterwards, we decided to collect 10 women with the same thought and plan to develop what kind of bags to make. We repeated trial and error on repeated opinions such as shape that does not have a burden on the shoulder, luxury material, durability as a bag, abundant storage, and attention to the inner case that puts the camera. However, making things you really want from 0 is very hard. In order to shape many opinions that we had met, we needed to overcome several barriers. Many meetings and measures repeatedly, finally satisfied camera bag was completed. Two months have already passed since the first meeting.

 

 

 

そうして出来上がったカメラバッグは、クラウドファンディングで多くの支援をいただき生産をすることが出来ました。
これがLifが誕生した経緯です。一人の女性の想いから生まれた、こだわりが詰まったプロダクトを、少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。

The camera bag thus completed was able to produce it although it supported a lot with cloud funding. This is how life was born. I would be happy if you could enjoy even a little product, stuck with commitment, born of the desire of one woman.